【ダイエット】糖質制限ダイエット②

みなさんこんにちわ

a-ffixトレーナーの渡村です

新生活が始まり忙しい日々が続いている方が多いのではないでしょうか?

日頃のストレスを発散させるためにも是非ジムで体を動かしてみてはどうでしょう?

ダイエットの基本情報についてはこちら

今日は糖質制限ダイエットについて前回の続きの話をしたいと思います。

ここで一つ成功の秘訣、油(オイル)について話したいと思います。

糖質制限のサポートして活用したいのが「オイル」。オイルと一口に言っても、中鎖脂肪酸「MCT」を上手に活用することが成功の秘訣です。このMCTはココナッツやパームフルーツなどに含まれている、天然の油脂成分のこと。

MCTは一般的なオイルの「長鎖脂肪酸」とは代謝の経路が異なり、腸管から門脈を通ってダイレクトに肝臓に届いて代謝されます。つまり普通のオイルよりも効率よく分解されて、エネルギーに変わりやすいのです。

さらにはこのMCTを摂取すると、ブドウ糖に代わるエネルギー源=「ケトン体」を作りやすい体質に。これによって体の脂肪が分解され、エネルギーを作りやすい体になっていくのです。

糖質制限ダイエットではオススメのアイテムなので是非使ってみてください。

それでは具体的な糖質制限のやり方について説明いたします。

基本的には食事一食あたりの糖質量を20~40gにすることが推奨されています。これを実践するには、主食の摂取量を減らす必要があります。具体的にどの程度なのか見てみましょう。

例えば、普段のご飯の量が150gなら、含まれる糖質量は55.2gにもなりますので、これを半分の量にしてみましょう。すると約28gの糖質の摂取ですみます。しかも、あと10g少しの糖質は摂ってもよいことになります。これだけあれば、いろんな副菜(おかず)を楽しむことができますよね。パンでも同様です。食パンなども糖質が多く、1切れ(6枚切り)でも、26.6gもの糖質が含まれます。ですので、普段は2枚程度食べているという方は、ご飯で実践する時と同様に、半分の量にしてみましょう。そうすることで糖質が抑えられいろんな副菜(おかず)を食べることができますよね。

気をつけなければいけないこともあります糖質制限ダイエットを実践するということは、普段の食事から主食を減らすことになります。その結果、摂取カロリーが減ってしまいますので、主食を減らした分は、副菜をしっかり食べるようにしましょう。もし、摂取カロリーが大幅に減った状態が続くと、普段の生活エネルギーが確保できなくなった身体は、筋肉を分解してエネルギーを生み出すようになります。つまり、筋肉がどんどん減っていきますので、それに伴って基礎代謝も減退します。つまり、不健康にやせ細った状態になってしまいます。そうならないためにも、たんぱく質や油は積極的に摂るようにしましょう。プロテインなどの高たんぱく食品を活用するのもいいですね。糖質制限していれば、普通に満腹になるまで食べても、そのせいで太ることはありませんのでご安心を。また、極端に糖質を制限することもおすすめできません。最初の数週間は体調不良に襲われる可能性が高く、主食やデザートをほとんど食べることができないため継続するのがとても難しいのです。

糖質制限ダイエットは、糖質の摂取量を減らすことで体重を適正にするものです。糖質さえ制限すれば面倒なカロリー計算をしなくてよく、デザートも食べることができるなど、実践しやすい方法ですが、糖質を減らす分、お肉やお魚、卵や大豆製品などのタンパク質の豊富な食品や油は、カロリーを気にせずに、むしろ積極的に摂ってほしいものです。

極端に糖質を制限しようとするべきではありません。緩やかに制限することで、デザートを適宜楽しみながら、身体の不調やストレスに悩まされることなく健康的に実践・継続しましょう。

以上が糖質制限ダイエットの一つの例になります。

まだまだたくさんのやり方や他の食材を利用した方法もあるのでその方法もあるので紹介していきたいと思います。

月曜〜土曜日;STAFF HOUR 10:00~22:00
⭐️日曜・祝日はスタッフが定休日のためお休みとなります
各トレーナーのインスタグラムを下記でチェックできますので是非ご覧下さい。
【インスタグラムアカウント】
戸川トレーナー
田中トレーナー
江尻トレーナー
渡村トレーナー(研修中)
高木 トレーナー(研修中)