【ダイエット】タンパク質の摂取方法

みなさんこんにちわ

affixトレーナーの渡村です

朝晩も少しつづあったかくなってきており過ごしやすい毎日が続いていますね。

それでもまだまだこのご時世なので免疫力が落ちないように気をつけて過ごしていきましょう。

トレーニングをすることで免疫力アップにもつながるので是非ジムに訪れてトレーニングを行なってみてはどうでしょう

今回はタンパク質の摂取方法とについてお話しします。

タンパク質の摂取方法

体の組織は常に新しく作り替えられており、体重70kgの男性では250~300gのタンパク質が1日で入れ替わっているといわれています。

たんぱく質の摂取の目安(1日当たりの目安) 日本人の食事摂取基準によると、一般の人が必要とするたんぱく質は体重1キロあたり0.8gです。 体重が70キロの人は1日当たり56gが目安となります。

乳製品は手軽に摂れるタンパク質源ですが、脂質も少なくはない食品です。乳製品のラインナップは豊富ですので、エネルギー摂取量が気になる場合は、低脂肪の製品を選ぶなどの工夫もできるでしょう。タンパク質以外の栄養成分にも注目して、しっかりとタンパク質を補給していきたいものです。

タンパク質含有量が多い食品類としては

・肉類

・魚介類

・卵類

・大豆製品

・乳製品

があげられます。

食品のタンパク質量を調べると、多くの場合食品100gに含まれるタンパク質量が記載されています。

現実的にその食品を100g食べることが可能かどうか、エネルギーや脂質はどうか、なども考えながら高タンパク質でかっこいい体づくりを助けてくれる食品を探していきましょう。特にコンビニなどで手軽に手に入る食品がありがたいですね。

食事からのタンパク質量がどうしても不足してしまうなら、栄養補助食品のプロテインを取り入れるのもおすすめです。プロテインはアスリートが飲むイメージが強い方もいるかもしれませんが、健康維持のための利用にも注目されています。種類もさまざまあり、目的別に選ぶことも可能です。そのまま飲むほか、手作りのホットケーキやパンに混ぜて活用することもできます。

必要なタンパク質量は個人で異なります。自分の必要量と普段の食事のタンパク質量を把握し、不足していないかを確認してみましょう。

3回の食事をしっかりと食べているとタンパク質は不足しにくく、欠食や食事量を減らすと不足しやすくなります。不足している分は、食事で補うまたは、補食をプラスすると良いでしょう。補食には栄養補助食品のプロテインを活用するのもおすすめです。

a-ffixでは食事の方もパーソナルと同様にアドバイスさせていただくことが可能なのでぜひ気軽にお声掛けください。

次回はダイエットについて詳しく説明したいと思います。

月曜〜土曜日;STAFF HOUR 10:00~22:00
⭐️日曜・祝日はスタッフが定休日のためお休みとなります
各トレーナーのインスタグラムを下記でチェックできますので是非ご覧下さい。
【インスタグラムアカウント】
戸川トレーナー
田中トレーナー
江尻トレーナー
渡村トレーナー(研修中)
高木 トレーナー(研修中)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です